法律家になりたい社労士Nのブログ

雪国生まれ、都会育ちの社会保険労務士です。非開業のため実務はできませんが、労働紛争解決人を先ず目指しています。。しかし迷走に迷走の末、司法試験への挑戦を決意しました。「せっかく。やるなら楽しく」をモットーとした日々(?)のことを綴りたい。

年末年始ではあるけど…

昔からたいへんひねくれた考えを持っていることがある。

それは日付やカレンダーの概念である。

太陽は毎朝昇って沈んでいく。これは季節ごとにその時間も変わり一定ではないけれど、太古の先人が1日の長さを計測してから概ね24時間であることは間違いないのでしょう。

ただここでやや疑問なのは、物理的に1日の長さは変わらないとしても、それはなぜ24に分けたのか?ということである。

おそらく歴史的な経緯や科学的な根拠がある?と思うので、ここでそれらを否定するつもりは毛頭ないわけであるが、本来はこれを24で分けようが、10で分けようが、なんなら朝昼晩の3で分けてあとは細かく分みたいに細分化させるって考えてもいいのかもしれないわけだ。

それと1年が365日というのは、これはどうも天文学的な論拠がきちんとあるので否定はしない。

ただこれもあくまで西洋発の科学を取り入れ(させられ)て、1年の始まりと終わりの日を決めているのであろう。

現にアジア圏や日本の歴史に触れてみれば、いわゆる旧暦という1年の始まりも終わりも独自の暦を用いていた事実がある。最近は旧暦を併記したようなカレンダーも少なくなりつつあるが、いわゆる厄年や占いの類も、その年の運気なんてものは、旧暦の正月(旧正月春節)を区切りにするというのが一般的なのかと思ってる。

こう考えると、時間や日付なんてものはしょせん人間が後からこしらえたものであり、昨日という1日と今日という1日には、実は本質的な違いなんてこれっぽっちもないとは言えまいか?

本日は巷でいう大晦日ということになっているらしい。

しかしながら私は、これも西洋人というか人間が勝手にそう決めただけであり、明日は明日で何かがガラッと変わるものでは、少なくとも自然科学上ではなんの理由にもならないのである。

毎回1月1日に暦が変わる0:00になった瞬間に、全員が周りの人は「あけましておめでとう!」と言い合ったりするのがなんともこそばゆいと言うか、決まりが悪いと言うか、毎回好きではない。

たった1秒経ったからと言って何が変わるわけでもあるまい。

そんな極めてひねくれた考えで毎回あのタイミングを過ごしている。

今回も間もなくだ。

だから私は正月や新年というものがあまり好きにはなれないのである。

時間は存在しない

時間は存在しない

変な夢を見た

札幌(おそらく)をひとり旅行中、しかも自転車でだ。その自転車はいまここで愛用の真っ赤な自転車である。

何日か馴染みの宿(?)に投宿して、さぁ出発となった時に、はてスマホも財布もさらには自転車もないのに気が付き愕然。ポケットに愛車の鍵が一つむなしく転がっているのを指で確認できるのみ。

出発直前に近所のスーパー(ライフ?)で買物した時にの愛車を颯爽と走らせていたのは記憶にある。しかし何処に停めたか完全に失念。自らの老化の兆候に情けなくなる暇もなく、なぜか財布、スマホも一切ない状態に天を呪うのだった。

町中くまなく探せども見つからず。おまけに昨今スマホの地図アプリに頼り過ぎのため道には迷うわ、暗くはなるはで、宿の所在も怪しく人に尋ねる始末。とはいえ宿に戻れども何もかも失ってしまっているのだか…。

そんな限界の状況にも関わらず、これまたなぜか手元の携帯が音を鳴らした。無くしたスマホとは別の普通の携帯である。現在、私用と公用の二台持ちである現実の状況が夢でもキチンと反映されているのがまた嫌でもある。

相手は半年以上前に訪れた九州のあるレンタサイクル業者のようだった。(確かに訪れた記憶があった)

曰く、その際にレンタル会員となった会費が更新されているので次の会費を払えとの催促。何をこんな時に!との気持ちを抑え事情を聴き、通常であればクレームの一つもつけたくなる状況でありながら、これも受入れ、などと気持ちを平穏に努めて善処する旨告げて電話を切った。

さて、全てをなくして何を為す術もないのであるが、少なくとも死ぬわけではない、また1からやり直せば良いのだとの無理矢理のプラス思考に思いは転ぜられていく。

人から臨時に工面してもらった幾ばくかの金でとぼとぼと買物などするも、裸で持ち歩く釣り銭は上着のポケットを重く感じさせるのみ。

しかし、財布、スマホを持ち歩いていたカバンの在り処を忽然と思い出した。そう、あの2階のあの場所にかけたはず!と急ぎ階段を駆け上がる。果たして、そこには愛用のエンジ色のショルダーバックを発見。夢中で中身を確認し、スマホ発見。財布は?はて、なかなか見つからず外からの感触で財布状のものを探し当て、何度にも渡りチャックを開封し財布も無事に見つかったのである。

あぁなんたること。これほどの安心感はどれほどぶりであろうかと思いに浸りながら、自転車の在り処もと思うものの、こちらは完全にやはり忘却の彼方のようである。

すっかり夜も更けた街を歩き回り、探したはずのスーパーの駐輪場へ辿り着く。誰か知らぬが顔見知りとおぼしき人がこれではないのか、あれではないのかと夥しき数の自転車の幾つかを指差すも、やはり異なる。しかしその奥にしばし歩を進めると、なんとついに見つけることができた。

自転車にはなぜか「◯◯様、こちらの……」との黄色い付箋紙が丁寧に貼り付けてあった。誰が付けてくれたかは知る由もない。

夢であるから訳がわからぬのも当たり前であるが、全く寝ている間もエキサイティングで、少なくとも札幌とおぼしき街をあちこち探索できたことがせめてものメリットであっただろうか。。

すべて夢の話、しょうもなくてすみません。

秘めたる決意

TwitterでもFacebookでも社労士(一応)であることは公言してる自分ですが、今後の更なる目標は掲げていません。

 

学生時に宅建に受かって法律に目覚め、経済学部なのに法律科目ばかり履修していた、自称「経済学部法律学科卒」の私でした。

 

卒業後は法律無縁の公益法人に入り今に至りますが、これまで何とか法律で生きていきたい!という沼の中を彷徨い続けています。

 

入社数年で司法試験を志し、択一合格止まりで海外転勤のため断念。

帰国後、即座にビジネス実務法務検定行政書士に合格後、すぐに司法書士試験の勉強を始めました。

 

4度受験し最後はあと数点でというところでまたも海外転勤!

なかなか転勤は断れないんですよ。。

 

帰国後、人事課長を拝命したのを機に、では社労士はどうか?ということで開始。

 

やはりなかなか受かりませんでした。

再度の転勤もありましたが一時帰国受験をして、何とか3度目で合格!

 

去年帰国してから即座に資格登録をしました。

特定社会保険労務士になるためです。

 

既に過去記事でも書いたとおり、特定社会保険労務士は本来なら弁護士しか出来なかった個別労働紛争の裁判外解決手続きの代理人として活躍できる訳です。

 

このための研修を通じて、やはり自分は法律で人を救いたい!!という夢が嬉しくも悲しくも抑えることができなくなりました。

司法書士試験の再挑戦を始めてから1年も経っていないのに、一体自分は何をやっているのかという自己嫌悪も感じない訳ではありません。

 

確かにもう私は若くありません。

しかしこの夢、命ある限り諦めては棺桶に入る時に後悔するのではないか?と悶々と悩み続けました。

 

司法書士試験ですら何年かかるか分かりません。また本当に自分は司法書士になりたいのか?という根源的な疑問を隠すことができなくなっていました。(司法書士はやはり登記の専門家であって、仮に簡裁訴訟に関わるとしても実態はどうも厳しいとも聞いています。)

同じように何年かかるか分からないならば、本当に夢を、熱意を持てるものに打ち込むべきではないか?と、勝手な理屈に至ってしまったのです。

 

現在、司法試験を受験するにはロースクールまたは予備試験合格という2つの方法しかありません。

 

当然と言いますか、やはり現状の生活状態では到底ロースクールには通えませんので、合格率数パーセントの予備試験に受からねばという厳しい道を選ばざるを得ないのです。

 

一度命を頂き生きている以上、やりたいことはやるのだ!という決意です。

 

本当に何年かかるか分かりません。10年以上かかるのかもしれません。

受かる確率なんて非常に低いのは承知の上です。

 

でも、私は弁護士になりたい。

なって命尽きる時までに1人でもいいから困った方を助けていきたい!

そう決意しました。

 

私は弁護士を目指します。

先ずは必要な知識を

特別研修も終わり、無事に特定社労士試験(紛争解決手続代理業務試験)も受験しました。

オール論述なので解答速報なんてものはなく、受かってるのか否かは闇の中てのがツライすね。。

そのスジのサイトで模範?解答と照らし合わせると、まぁ大コケはしてなそうです( ^ω^ )

さて、足元の私生活では深刻な状況になってきました。

母の認知症が確実に悪化の傾向☹️

どうもドネベチル(アリセプト)というクスリもちゃんと飲んでなかったことも判明。そりゃ進行するわけです!😫

同時に「孤食」による食欲減退も著しくて、やっぱり栄養管理の面からも、少量でも食べるものは食べさせないとヤバいことも分かりました。

今年春に少しでも役に立てばと、「認知症予防支援相談士」なる資格も取得しましたが、これに加えて栄養面での知識補強も図る必要がありそうです。

そのため片手間になるかもしれませんが、この方面の勉強も少し取り入れることにしました。試験は3月です。

認知症予防食生活支援指導員試験 公式テキスト

認知症予防食生活支援指導員試験 公式テキスト

  • 発売日: 2015/03/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

こんな試験は受けなくても、という意見はあるかもしれませんが、私は試験を通じて知識を得るタイプの人間なので、実用面も考えて勉強ちょっとしてみます。

知ってて損な知識はありませんから。

特別研修ゼミナール第1日目

本日から特定社労士になるための特別研修の締め括りである「ゼミナール」が始まりました。

期日は今週金土と来週土の3日間!

最終日は午前だけで、午後はそのまま試験が行われます。

ゼミナールは先月までのグループ研修と違って6つくらいのグループが大教室に集まって弁護士先生から直接の指導を頂きます。

あっせん手続きであっても、考え方は労働訴訟と同じで事実を法律、判例法理を用いた規範に当てはまるプロセスがとにかく大事とのこと。

司法研修所ではこの三段論法を一年間みっちりやるのを、私たちはたった数日で教えて頂くので、弁護士さんはケタ違いです。(当たり前じゃん)

実際の試験では字数もあるので、そこまで細かくこのプロセスは記載できませんが、この考えを根底に据えて事案を読み込むことは勉強になりました(^ ^)

さて、本試験はどんな事案で来ますかね🤔

明日も1日ハード!

寝ないように頑張りますです、はい。

f:id:Anzho:20201121032159j:plain

これでいいのか?!

月末の特定社労士試験(正式名称は紛争解決手続代理業務試験!)を控えてます。

でも毎晩のルーチンは、民法不動産登記法をやってから、特定社労士試験の対策をする日々です。

これでいいのか?たぶん良くない😓

でも12月からは会社法の勉強漬けになる予定なので、今のうちに民法と不登法は出来るとこまで精一杯やらなきゃなんです(勝手な理屈!)

でもぼちぼち特定社労士試験の比重を増やさないとね。。💦

どっちも楽しいので、嬉しい悲鳴です😆

二足の草鞋

毎晩二つのことを同時にしています。

司法書士の勉強と特定社労士の勉強です。

後者の試験日は11月28日ともうすぐ!

この試験を受けるための特別研修もあと3日ですが、最終日の午後にそのまま試験ということになります。

全て論述式で、与えられた労働問題について、労働者と会社の双方から何が言えるのかを、判例のルールや法律に当てはめて、書き出すことが中心です。

参考教材はこちら

もう16回目ということで結構難しくなってるらしいんですよね。

合格率は50%台で実に微妙です:(;゙゚'ω゚'):

舐めてかかると落ちるわけですから、社労士法、労働契約法、民法の雇用などの条文も含めて、解雇、雇止め、懲戒処分、配置転換、出向などのシーンごとの法的要件は頭に叩き込まないといけませぬぬぬ😩

これが終われば司法書士試験に没頭できるのですが、司法書士勉強も面白くて、毎夜毎夜こちらがどうしても中心になってしまうという危うい受験生です。

合格すれば、裁判外ですが労働紛争の代理人としてあっせん手続きという行政機関等による手続きの一方の代理人になって、活躍できるのですから絶対に受からねばなりません!!

さて、どうなることやら🤭